口コミや紹介、ブログで人気の津田沼の美容室 美容院 ヘアサロン ルコール(luCall)のウェブサイト。カラー剤や縮毛矯正剤などこだわり商品を取り揃えております。

047-409-0214

Q&A

美容室に行く時に髪型を決めて行ったほうが良いですか?
美容室に行く時は髪型を決めてこなくても大丈夫です。
担当の美容師さんと長さや、形を一つづつ決めていくと良いと思います。
この時どういうスタイルになるかしっかり担当の美容師さんと共有しないと、思ってるのと違ってしまったりしてしまいますので、最終的なスタイルのイメージの共有をすると良いと思います。
美容師さんに希望のスタイルを上手く伝えられるか不安です。
カウンセリングはすごく大事で、お客様のなりたいスタイルを美容師さんと共有していないと思っていたスタイルにならない事が多くなってしまうと思います。
大変かもしれませんが、不安な方は髪を切る前にお店に行ってカウンセリングだけでも良いと思います。
ルコールでは直接ラインやメッセージ機能で「事前カウンセリング」を行えるようにしていますので、お気軽にメッセージを下さい。
ブログから「友達追加ボタン」を押していただけるとメッセージのやりとりができます。
髪の毛を伸ばそうと思っています。それでも定期的に美容室には行った方がよいですか?
髪の毛を伸ばそうと思っている場合、美容室に行かなければ髪は伸びます。
しかし、「ただ髪の毛を伸ばす」のか、「綺麗に髪の毛を伸ばす」のかで髪の毛が伸びた時の状態が違います。
定期的に美容室に行く事で「髪の毛のメンテナンス」を行っていただけると、綺麗に伸ばせると思います。
枝毛の処理や、毛先を整えたり、トリートメントやカラーの根元染め、、、
どうしても髪の毛は普段の生活からでも痛みがでてしまうので、「綺麗に伸ばす」事を目標に美容質に足を運んで頂ければと思います。
カラーの頻度はどれくらいですれば良いですか?
カラーの頻度は人それぞれなのですが、やはり気になってきた時が1番染め時だと思っています。
綺麗な状態でいることや、根元のプリンや毛先の色落ちなどを考えると2ヶ月前後が1番良い気がします。
美容室選びのポイントはなんですか?
個人的な考えだと「美容室選び」より「美容師さん選び」をオススメします。
確かに美容室の雰囲気やサービスも大事ですが、あくまでも「あなた」の髪の毛を切るのは「美容師さん」という一人の方です。
大事な髪の毛を任せるのなら「美容師さん」を探すのが良いと思います。
今の時代ネットやクーポンサイトで簡単にお店の事やスタイリストさんの事を調べる事ができますのでオススメです。
最近では美容師さんも自己発信してる方が多いのでブログや動画などを参考にしてみると良いかと思います。
バッサリ切るか迷ってます。切るべきでしょうか?切らない方がよいでしょうか?
髪の毛をバッサリ切るか切らないかは誰しも1度は迷う事があると思います。
大前提としてバッサリ髪の毛を切る時には「信頼できる美容師さんに切ってもらう」事をオススメします。
髪の毛はバッサリ切ってしまうと伸びるのに時間がかかってしまいます。
思った通りにならない髪型でいるのはストレスだと思いますし、お客様自身失敗はされたくないという気持ちが強いのではないでしょうか?
失敗する確率を減らす為にもしっかりとお客様に向き合ってご提案をしてくれる美容師さんを見つけてからご相談するのが良いと思います。
縮毛矯正とストレートパーマの違いはなんですか?
縮毛矯正は1剤→流し→ドライ→アイロンワーク→2剤
ストレートパーマは1剤→流し→ブロー(する方としない方がいます)→2剤

の手順で行います。
アイロンワークが入るのと入らない違いだと思っていただければ簡単でわかりやすいかもしれません。
時間もコストも縮毛矯正の方がかかってしまいmすので、まずはご連絡して時間やコストも確認してみると良いかと思います。
朝にシャンプーすると髪の毛に良くないって本当ですか?
朝起きてシャンプーするのは髪の毛に良くないです。
寝てる間に体内からワックスエステルという油が作られます。
その油は体内でできたワックスエステルという油が寝ている間に頭皮から髪の毛につたっていきます。
体内でできた自然な油は髪にも馴染みます。
そして寝ている間に髪の毛の表面をコーティングしてくれます。
朝にシャンプーをしてしまうと、ワックスエステルという油を落としてしまう事になります。
そうすると、髪の毛は裸の状態になってしまいますので紫外線を吸収しやすくなって痛みの原因になってしまいます。
なので、朝シャンプーをすることは直接髪の毛を痛めてしまうのではなく、痛みを作ってしまう原因になるという事を覚えておいて頂けると有り難く思います。
ドライヤーを買おうと思っています。どのようなドライヤーを選べば良いですか?
今や家電量販店で販売されてるドライヤーの価格は数千円から数万円するのがあります。
その中では「マイナスイオンがでる」とかありますが、まずは「ドライヤーの正しい使い方」を知っておくのが良いと思います。
ご来店されるお客様のお話を聞いていると「乾かしただけ」という方が多いです。
しかし、ここでもう1つ大事な事は「乾かした後に冷風で冷ます」といのが大事になってきます。
なので、オススメのドライヤーは「冷風機能」がついていて「ドライヤー本体が軽い」のがオススメです。
他の機能に関してはご予算の範囲内で大丈夫だと思います。
パーマとカラーはどちらからすれば良いですか?
基本的にはパーマを行ってからカラーになります。
もちろん例外もありますが、カラーをしてからパーマをしてしまうとパーマ液がカラーの色味を落としてしまいます。
縮毛矯正の場合も同じで、縮毛矯正をかけた後にカラーを行ってください。
また、出来るだけ同時施術はせず、1週間ほど期間をあけた方が良いのですがダメージの事を考え1日で両方の施術を行いたいという場合はカラーは根元染め(リタッチ)だけをオススメさせていただきます。
ブリーチした髪の毛にパーマはかかりますか?
ブリーチした髪の毛にパーマをかける事は正直オススメしません。
薬剤や髪質によってはかからなくないと思いますが、リスクの方が高くなります。
綺麗なカールがでず、バサバサになってしまうことが多くかえってスタイリングがしずらくなり髪の毛を切ってしまうという事に繋がります。
ブリーチをお考えの方がいましたらしっかり担当の美容師さんとご相談をして施術していくのが1番良いと思います。
流さないトリートメントはした方が良いんですか?
流さないトリートメントはドライヤーで髪の毛を乾かす前につけるとドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれたり、手触りはもちろん纏まりやすくもなります。
髪の毛が濡れてる時に
ショート→1プッシュ
ミディアム→1〜2プッシュ
ロング→2〜3プッシュ
を、毛先〜中間につけてからドライヤーをしてください。
また、髪の毛が乾きましたら濡れたいる時に付けた量の半分くらいをつけてあげると良いと思います。
流すトリートメントは時間をおいた方が良いですか?
シャンプーした後につけるトリートメントは時間を置かなくても良いと思っています。
毛先に付けた後に、チェンジリンスといってお湯でなじませてあげると良いです。
基本的に指通りが良くなれば効果もでているので、長く置き過ぎてしまうのも風邪などを引いてしまい大変だと思いますのでお気をつけ下さい。
PAGETOP