fbpx

髪が傷んでしまう原因と痛ませない為にも大切な考え方

こんにちは♪

今日は髪をキレイにしていく為にも、理解しておかなければいけない髪がダメージを受ける原因と、その時の髪の状況についてお話をさせて頂きますね。

こちらのブログを読んでくれている大半の方は、すでに知っていることだと思うのですが、お客様の髪の悩みは十人十色で人それぞれ違います。

☑︎クセがあったり
☑︎ストレートすぎたり
☑︎髪が太かったり
☑︎細かったり、、、

そんな中でも本日のブログ内容はなんで髪がキシキシするの?と、いうお題です。

実はこの原因は知っているようで、知らない方も実は多いので今回、なるべくわかりやすく写真なんかを元に解説させて頂きますのでお付き合い下さい♪

なお現在、髪に悩みを持っていて思ったようなスタイルが再現できていない、どのようなスタイルが自分に似合うかわからないと言う方は是非、下記の友だち追加ボタンを登録してお気軽にご相談ください(^ ^)

あなたに合ったアドバイスやご提案ができるよう個別でメッセージご対応をさせて頂きますので、ご安心してメッセージをいただければと思います。

なんで髪はキシキシするの?

まず最初にお伝えしておかなければならないことは、髪がキシキシすると言うのは髪の毛のキューティクルという表面の鱗状の部分が開いていたり、剥がれてる状態だと

☑︎毛先が引っかかったり
☑︎髪が水に濡れるとキシキシしたり
☑︎乾いた状態でもパサパサして広がる原因

になってしまいます。

※ケアプロタイムス様からの引用画像

髪をキレイに魅せる為には、このキューティクルという部分が綺麗に閉じている状態だと

☑︎髪が艶々に見えたり
☑︎クシが通りが良くなったり
☑︎髪が引っ掛からなくなったり

と、艶髪を求めている方には必須の条件となってきます。
※他にも内部に栄養補給などもありますが、今回はキューティクルが閉じていれば綺麗な髪に見えるとだけ覚えておいて下さい。

髪がキシんでしまう原因?

※タングルティーザー様より画像を引用

髪がキシキシしている髪の状況というのをなんとなくお分かりいただけたでしょうか?

そして、この髪の状態になってしまう原因として

☑︎お風呂から出た後にドライヤーでしっかり乾かさない
☑︎自宅でのセルフカラー
☑︎アイロンやコテなどの高温を使って毎日セットする

などの繰り返しで髪のダメージは蓄積されていってしまいます。

そして、大変、申し上げにくいのですが髪のダメージが1番出てしまうのは美容室でのカラーやパーマ、縮毛矯正などの薬剤施術が1番髪を痛めてしまうと思っています。

しかし、現代ではカラーやパーマをされる方も多く、美容室に行かれて全くカラーやパーマをしないというのも難しいと思います。

なので、私からお伝えできることはいかに髪にダメージを与えずに優しい施術をしていくか?が大事だと思って日頃からご来店されるお客様に向き合わせて頂いております。

私も美容雑誌や美容情報を定期的にチェックしていますが、たまに

  • ノンダメージ
  • 髪が痛まない薬剤を使用

と、いうような謳い文句を見かけますが私の考えだと、薬剤施術をしている限り、どうしても髪はダメージを受けてしまうと考えるタイプの美容師です。

なので大事にしていることは、いかにご来店されたお客様の髪に負担を少なくした薬剤でベストな施術ができるか?どうしたら髪を綺麗に魅せられるか?を考えながら施術させて頂いております。

1度キシんでしまった髪は元に戻る?

ここまで髪がダメージを受ける原因についてお話をさせて頂きましたが、次はダメージを受けてしまった髪は元に戻るのか?ということについてお話をさせて頂きます。

結論からお伝えすると1度ダメージを受けてしまった髪が元に戻ることはありません。

髪の毛というのは死滅細胞でお肌みたいに再生機能がありません。

なので、いかに痛ませないか?という減点方式で髪の体力を考えると良いかと思っています。

健康な髪が100点だとしたらカラーをすると-30点でセルフカラーをすると-40点、ヘアケアをしながら優しい薬剤で施術すると-15点、、、

みたいな感じでマイナスの数値をいかに小さくしてあげるかが髪を綺麗に保つための秘訣だと思っています。

そして、これまでのお話は美容室でのお話がメインになってしまいましたが、実は自宅でも正しいヘアケアをするのとしないのでは半年後、1年後の髪の状況がガラリと変わってきます。

そのヘアケア方法についても今後、配信していきますのでお楽しみにしていて下さい♪

今回は、髪がダメージを受けた時の状況や原因についてお話しをさせて頂きました。

ご参考にしてみて下さい。

髪に悩みを持っていて思ったようなスタイルが再現できていない、どのようなスタイルが自分に似合うかわからないと言う方は是非、下記の友だち追加ボタンを登録してお気軽にご相談ください(^ ^)

あなたに合ったアドバイスやご提案ができるよう個別でメッセージご対応をさせて頂きますので、ご安心してメッセージをいただければと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA